まずはこころ

先日、介護に関する番組を見ていたときのこと
講師の方がこのようなことを話していた。
「介護をするにあたって何よりも大切なのは
まずはこころである。いくら知識が伴って
規則が分かってっていたとしても、本人を思う
こころがなければ、それが仇になりかねない」と。
まずはこころ。
それって行政経営にしても、企業経営にしても
全てにいえる事だと思う。
いくら知識があったとしても、知っている
だけでは役に立たない。
規則は大切だと思うが、人を管理し、
型にはめるためにあるのではない。
「市民生活をおもうこころ」が行政に携わる人の
必須条件だと思う。
(番組で紹介されていた「手紙」という歌、介護のこころが
ぎっしり詰まっていました。)
手紙 〜親愛なる子供たちへ〜