視察

小千谷市議会政友クラブ、新風クラブ2会派合同による行政視察を東京都葛飾区で行ってきました。葛飾区といえば柴又、山田洋次監督の松竹映画「男はつらいよ」があまりにも有名ですが、今回はその舞台となった帝釈天の表参道で行われている、観光まちづくりについて研修してきました。

葛飾区職員からの説明

葛飾区職員からの説明

帝釈天参道

帝釈天参道

現地ではNPO法人柴又まちなみ協議会理事長の石川さんより、観光まちづくりについて様々なお話をいただきました。自分の地域のよいところ悪いところを挙げて行くことから始め、ソフト、ハードともに他地域との差別化を図っていき、現在の活性化つなげた話は参考になる部分が多々ありました。後半の質問の中で「一番心がけたことは何か?」と伺ったところ「自分たちでやること」という答弁が返ってきたことが印象に残っています。「行政やコンサルタントに任せすぎない。自分たちががんばり続けていると行政や周りも支援してくれる。」ということばも続けていただきました。最初から行政に頼り過ぎない“市民のチカラ”って、やっぱりまちづくりにとって、とても大切なんですね。
柴又まちなみ協議会石川理事長からの説明

柴又まちなみ協議会石川理事長からの説明

また別の日ですが、農業を考える議員の会で中産間地域の農業について視察を行ってまいりました。
我が家も吉谷の山奥で農業を行っていますが、中産間地域の農業諸問題について改めていろいろ考えた1日でした。
農議連視察

生産組合アスカ冬井のみなさん

 

わかとち未来会議のみなさん

わかとち未来会議のみなさん