牛の角突き開幕

迫力満点の牛の角突き

迫力満点の牛の角突き

 

5月3日、国の重要無形民族文化財に指定されている牛の角突きが、小栗山の小千谷闘牛場で開幕しました。

当日は天候にも恵まれ、県内外から4000人を超える大勢の観客が駆けつけました。

 

大勢の観客

大勢の観客

 

初場所は23組、46頭の闘牛が激突、名物実況者の監物さんの素晴らしい実況も相俟って会場は一段と盛り上がりました。新人対ベテランや横綱級同士の対決など、どの1番をとってみても人と闘牛のドラマがあります。

昭和40年代に一旦途絶えた闘牛を復活させ、中越大震災の大きな被害も見事に乗り越えて地域の誇りに育て上げた協議会や地域の皆様の情熱にいつも敬服いたしております。

地域づくりの原点を東山地区に感じました。

 

 

満員の小千谷闘牛場

満員の小千谷闘牛場

 

 (東山小学校出身の“優しい闘牛”牛太郎の頑張りに感動!)

牛太郎の勇姿(左側)と力強い曙(右側)

牛太郎の勇姿(左側)と力強い曙(右側)

踏ん張る牛太郎(左側)

踏ん張る牛太郎(左側)

力を振り絞る牛太郎(左側)

力を振り絞る牛太郎(左側)

 

闘牛の花形、勢子の勇姿

闘牛の花形、勢子の勇姿

 

様々な地域団体のみなさんも会場を盛り上げています

様々な地域団体のみなさんも会場を盛り上げています

 

復興のシンボル みまもり岩

復興のシンボル みまもり岩