小千谷縮ユネスコ無形文化遺産に

国の重要無形文化財でもある「小千谷縮」が今月下旬にユネスコ無形文化
遺産に登録される予定となっております。
「ユネスコ無形文化遺産」とは、慣習、描写、表現、知識及び技術、並びに
それらに関連する器具、物品、加工品及び文化的空間であって、社会、
集団、場合によっては個人が自己の文化遺産の一部として認めるもの
となっています。
世界の代表的な無形文化遺産のリストにに、日本からの第一弾として我が
ふるさとの小千谷縮が登録されるということは、国内はもとより、世界にも
誇れるすばらしい文化であるということが認められる事でもあると思います。
わがまち、小千谷に新たに世界に通用するものが、また一つ増えました。
この快挙を、「誇りある小千谷」のまちづくりに活かしていきたいと、
様々な可能性を探っています。