小千谷商工会議所役員との懇談会


小千谷商工会議所役員と市議会産業経済委員との懇談会が行われました。
商工会議所大川会頭の挨拶から始まり各部会長から業界の現状について報と
要望をいただきました。
景気の底打ち感は見られるものの個人消費や設備投資といった内需関係は
まだまだ弱く混沌としています。緊急融資制度の更なる充実や、現行制度で
は光の当たりにくい家族労働の事業所等へのサポートも検討する必要がある
のではないかと感じました。
ある鉄工会社の社長が、「在庫が増えてしまうのを我慢してでも仕事をつくり、
雇用を守るために仕事を維持している」と話されました。
企業を守るために、簡単に雇用を切る上場企業がある中で、社員と共に歩む
姿勢を堅持している小千谷の経営者の美しさを改めて感じました。